2010年1月10日アーカイブ

 「箱根湯本芸能組合新年賀会」、開会のオープニングで、芸能組合選抜された皆さんの、ジャズセッションでお迎えをされました。練習を結構されたと思いますが、本当に上手で、映画のスウィングガールズの着物バージョンのようでした。その後の踊りも、日頃のお稽古の成果が出ていて、素晴らしいものでした。当日の会場には、多くの一般の方々も出席されていて、非常に盛況でした。特に、今年は女性のお客様が多くいたようだと、来賓の方々が言っていたので、女性も気軽に参加されることは、私としてはとても良いのではないかと思いました。
 芸能組合の皆さんにしては、こうした行事が日頃のお仕事につながればよいのでしょうが、事業内容のような話を伺うと、なかなか厳しいとのことでした。本当に経済が回復し、景気が良くなって、ほしいものです。
 前に、洞爺湖町の議員さん方と話をしましたが、芸能組合の今日のような、伝統文化となるような芸者さんの踊りなど、もう無くなってしまったと、とても寂しそうに話していたのを思い出しました。その点では箱根は湯本芸能組合の、頑張りがあるのを頼もしく感じております。
 「小田原商工会議所賀詞交歓会」で「神山衆議院議員」と話をする機会がありました。国土交通省の委員会に参加していて、観光に対して積極的に取り組んでいかれるとのことでした。箱根としても、町の職員を観光庁に出向させていることなどの話をさせてもらい、今後も国とのパイプを強くしていきたい事や外国人観光客に対する、インバウンドの整備やインフラ整備が必要なので是非力になっていただきたいとお願いをしてきました。
002.JPG
箱根小涌園にて、「箱根町自治功労者表彰」に出席した後、例年通りにそのまま「箱根町賀詞交歓会」となり、本年は山口町長の後に議長として、新年の祝辞をお話しすることになりました。原稿は事前に準備しておりましたが、多くの町民の方々の前でのことですから、結構手に汗をかきました。その後の祝宴で、ご出席の方々のところに向かい、新年の挨拶をしたのですが、挨拶出来なかった方も多くいますので、この場を借りてお詫び申し上げます。
町の賀詞交歓会終了後、すぐに横浜に向かい「県知事と市長村長・議長との賀詞交歓会」に出席、湯本に戻って「小田原青年会議所新春賀詞交歓会」に出席し途中で中座をさせてもらい、宮ノ下自治会主催の「新年を寿ぐ会」に出席しました。宮ノ下の皆様には本当に遅れてしまって申し訳ありませんでした。
私も、賀詞交歓会を一日に4カ所は初めてでしたのでかなり戸惑いました。それぞれの賀詞交歓会で、中座したり遅刻したりしたことを、本当に申し訳なく思っております。
芦ノ湖、新年の湖水開きに出席。場所は、野崎さんのお店の前あたりで湖水前。非常に風が強く、気温の割には無茶苦茶寒い、湖水開きとなりました。箱根神社の宮司さんによる法要で、供養の供物等を湖水に向かって撒かれているのですが、湖水からの向かい風の為、殆ど戻ってきてしまっていました。
その後、恒例の学生による水上スキーは、強風を避けて場所を変えて実施するとのことです。寒さに負けないもの若いうちですから、頑張っていただくことになったようですが、本当に感謝します。後日新聞でその様子を拝見しましたが、裸でチャレンジしていた学生さんもいたようで、ウエットスーツ当然着てやるものと思っていたので、驚きでした。