4月14日(水) ススキ草原山焼き

005.JPG 箱根の春の到来を告げる風物詩である、仙石原ススキ草原の山焼きが、本来の予定で行けば、2月下旬であったものが 、天候不順の関係で、12回の延期を経て、ようやく実施することが出来ました。

 はじめは、少しススキに湿り気があるようで、ゆっくりとした燃え方でしたが、県道近くに火が近づいたら、風にあおられて一気に燃えてしまいました。火が消え、あたりは一面真っ黒に変わり、春の新芽を待って、秋には黄金色のススキに変わり、多くの観光客を楽しませてくれるものと期待されます。

  国内ではこうした山焼きで、事後が発生していたので、箱根では消防署や地元消防団の方がたが、念入りに注意を払って実施している姿が印象的でした。その甲斐もあって無事終了です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.orihashi.info/mtworks/mt-tb.cgi/68