2012年10月アーカイブ

 第5回目の「箱根・南足柄間道路促進議員連盟総会」が、神奈川県県西土木事務所会議室で行われました。この議員連盟は、箱根町と南足柄市を結ぶ道路の建設を促進するために、箱根町・南足柄市・足柄上郡5町の有志の議員が約90名集まって組織されているもので、私もその中の執行部役員として参加しています。
 この連盟では毎年、県知事に対して、道路促進の要望を行っており、今年も8月23日に、幹事役員13名で、黒岩知事にお会いして、要望書を直接手渡ししてきています。
 今回の総会では、今後も根気よく道路建設促進の運動を続けて行くことを、参加議員全員で確認をしました。
 この道路は、南足柄市矢倉沢の足柄古道入り口から、箱根側の仙石原金時神社入り口までの11キロメートルの林道を県道として昇格させ、普通車が通行できるように改修することとなっており、今年度は、環境アセスに関する調査費が、予算化されています。
 神奈川県の担当者からは、神奈川県が今後予定している道路建設の中でも早期に計画を進めて行く、重要重要な道路として位置付けられているとのことでした。とは言ってもこの財政難のことですから、容易なことでなないようです。総会参加者からも、当日県の担当者に、いち早くの建設の要望が改めて出ていて、箱根と南足柄だけではなく、周辺の足柄上郡の皆さんも期待が多きことを感じました。
 私もこの組織を通じて、道路建設の早期実現に向けて、絶えず要望を繰り返して行くことが重要と思っています。
010.jpgのサムネール画像
008.jpg

 宮ノ下商店会が中心となって企画された「宮ノ下さんぽ」が昨日から開催されました。今年は10店舗の飲食店が参加して、11日・16日の両日に開催される「つまみぐいさんぽ」が興味深いものです。パンやピザ、豆腐スイーツなどが店先で味わえるということです。参加費は1000円で、定員15名ですので、早い者勝ちと言う事になります。
 20日・21日は浅間公園や周辺の小道でミュージシャンがギターやハーモニカで「森の響き」と題して、演奏会が開かれます。宮ノ下を散歩していて、この日何処からか音楽が聞こえてきたら、この演奏会で、宮ノ下での散歩も楽しみが増えることでしょう。
 また、国道1号線と138号線の交差点を元箱根方面に数十メートル進んだ福屋菓子店の旧店舗にて、写真店や宮ノ下のジオラマが展示されていますのでこれは必見です。
 詳しい連絡先は「カフェ・ド・モトナミ」(0460-82-0222)元波英敏さんまで。

DSC00269.JPG

福屋菓子店の旧店舗で開催しています。

DSC00267.JPG

陶芸家 岡村友太郎さんの宮ノ下のジオラマ

DSC00268.JPG

同店舗で開催中の写真展、かわいい写真がいっぱいでした。
 東京でIMF国際通貨基金・世界銀行年次総会の国際会議がいよいよ開催されtります。2万人もの各国の金融関係の要人が来日しています。私も国民新党の郵政金融大臣であった自見大臣の紹介で、金融庁や観光庁に行って箱根に対するアフターコンベンションの誘客に行ったことがいよいよ成果としてあらわれるといいと思っております。経済効果も全日程で数100億円ともいわれていますので、外国人の誘客に対して町とは違う角度からのアプローチを至誠会を中心として行動しています。



今年の春に下の写真の様に、金融庁と観光庁に行って箱根のPRをしてきています。

24.3.13d.JPG
金融庁での会議の様子。IMF国際会議のパンフレットに箱根を取り上げてほしいと訴えています。

036.JPG
観光庁長官との話し合い。箱根を思い切りPRしています。
仙石原文化センターにて、第37回芸能発表大会が開催されました。町内の各種団体が一堂に会し、盛大に開催されました。国・県の無形文化財に指定された宮城野獅子舞保存会をはじめとした10団体の方々が日頃練習の成果が発揮されました。
DSC00261.JPG

DSC00262.JPG

DSC00263.JPGのサムネール画像

9月議会が終了しました。今回の議会では、温泉地域の無医地区の解消として、大平台・宮ノ下・小涌谷の3自治会長より出されていました陳情が、全議員賛成により採択されました。

陳情の内容は、

 さる本年5月末に永年にわたり温泉地域の医療の中核として、地域を始め町民のためにご活躍・ご尽力いただいてきました武田信雄医師がお亡くなりになり、現在、温泉地域は無医地区となっております。
 この地域から病院が無くなってしまっては、「病気になれない」、「怪我も怖い」、「倒れたらどうしよう」、「老介護なので移動もできない」など様々な不安の声があがっております。
 本年3月の「箱根町の地域医療を考える会報告書」の提言にもありますように身近な医療の存在は、私たちの安心・安定した生活には欠かすことができず、一人ひとりに見合った「かかりつけ医」を地域の中で持ちことが私たちの健康につながってまいります。
 また、当地域は多くの観光客の方が足を運ばれる地域でもあります。地域住民のみならず、訪れる多くの観光客の方に対しても安心を提供する必要があると切に考えております。

宮ノ下自治会 会長 山口 正  
小涌谷自治会 会長 大澤 和雄
大平台自治会 会長 津田 住雄


この様な内容の陳情が全会一致で採択されました。