2009年10月アーカイブ

箱根町サッカー協会主催、箱根町ロータリークラブ後援の少年サッカー大会が、旧仙石原中学校グランドとレイクアリーナ併設運動公園の2会場で開催され、箱根町サッカー協会会長として開会式の挨拶やその後の運営をしてきました。第1回から関わっていることですが、特に今年は21回目となり、新しく箱根ロータリークラブが優勝カップを新調してくれて、気持ちも新たに開催することが出来ました。箱根の児童が減少しているので、どのクラブも同年齢の子供たちだけでは、チームを組織できないのが実情で、そうなると県内はもとより静岡などのチームとの実力差が開いて、勝敗は思うように行きません。
そうなると、いつも負けるのが当たり前になってしまって、スポーツの勝つ喜びと、負ける悔しさを実感できないのではないかと思ってしまいます。こうしたことを見ていても、少子化は本当に切実な問題です。
しかし、今日の天気はいささか雨がすごくなってきて本当に子供たちかわいそうです。
神奈川県の町村議会の議長が、一堂に集まって開催される議長会に初めて参加しました。初めての参加となるので、近隣の議員さん方以外は初めての方が多く、顔も名前も一致しない有様です。早く顔と名前を一致させないと、話もろくにできなくなるので、苦手な部分ですが努力します。
会議での皆さんの話を聞いている中で、議員年金の話題がありましたが、町村議会の議員年金は、市町村合併と全国的な議員削減の影響により、現役の町村議会議員が極端に減少しています。つまり、年金自体を支えている現役議員の人数の少ないわけですから、私が思うにはこの年金制度は、このままでは破綻するのではないかと思っております。
そこで、全国的な町村議会での話の内容をまとめると、ある程度年金を削減して、年金資金が足りない部分に税金を投入して支える案が、議論されていると言われています。会議の内容を伺っている私としては、議員年金の不足部分に、税金を投入して補うなどと言う考えに対して、国民の理解が得られるか、非常に疑問に思って聞いていました。途中で意見を求められたのでそのように答えましたが、何か雰囲気を壊したように思われてしまったようなので、それ以上のことは発言しませんでした。
ともあれ、初めての神奈川県町村議長会は終了しました。初めのうちは緊張もあり本当に疲れました。
CIMG1844.JPGのサムネール画像
東京都立川市の国営昭和記念公園にて第86回箱根駅伝予選会が開催されました。箱根町議会議員は今年も有志で、恒例となっている予選会視察に行きました。今年は湯河原町の町長さんをはじめ、湯河原町、真鶴町の有志の議員さん方と合同で、視察することが出来ました。
毎年ながら予選会の規模の拡大には目を見張るものがあります。箱根にいると正月の大会の印象しかありませんが、箱根駅伝出場に対する各大学の思いがヒシヒシと感じることが出来るのがこの予選会です。

初めての下郡の議長会。湯河原町の土屋議長、真鶴の岡ノ谷議長共に多くの行事で面識がありましたので、そんなに緊張することはありませんでした。会議の内容は私が箱根町の新議長となったために初の顔合わせと言った感じで進み、それほど重要な案件はありませんでした。これからこうした会議が多くなってくるもんだと実感しました。
昨年度、ドイツ・ブンデスリーガーに日本人初めての選手として、FCケルンに在籍していた、奥寺康彦氏のサッカー教室が都合によって中止となった代わりにと言っていいのかわかりませんが、今年も箱根町サッカー協会と箱根町教育委員会主催、そして神奈川県サッカー協会の協力により、箱根中学にて、横浜F・マリノス監督、ガンバ大阪監督、柏レイソル監督を歴任した「早野宏史」氏をお迎えして、サッカー教室を箱根中学校の生徒を中心に実施いたしました。
長年、箱根町サッカー協会の会長をしておりますが、こうした機会を中学生に提供できたことは非常にうれしく思います。
また、Jリーグの監督を経験している方の指導は違うもので、子供の指導をしている多くのコーチたちも非常に参考になったと喜んでいました。

教室終了後、昼食を早野氏と協会の役員とでとりましたが、早野さんは非常に気さくな人で、初対面にも関わらずサッカーの話で盛り上がって過ごすことが出来ました。次回は泊まりがけで来ていただき、サッカー教室開催後、温泉にでも入ってから、一杯飲みながら過ごしたいもだとと話が進みました。是非実現したいものです。

本日の臨時議会によって、箱根町議会33代目、議長に就任することになりました。
議長選挙での結果は、私が7票、小川議員が4票、川端議員が3票となり、半数の議員さんから議長としての支持を得ることが出来ました。
これから箱根町議会の33代目の議長として、歴史ある箱根町議会の名誉をけがすことの無いように、日頃より気持ちを引き締めて行かなければならないと思っております。
そして、私を議長として推薦してくれた至誠会の議員さん方には、本当に心からお礼申し上げます。皆様の期待を裏切らないように努力してまいりますので、今後ともご支援ご鞭撻のほどよろしく、お願いいたします。

箱根町議場の議長席は思ったよりも高い位置にあり、最初はものすごく照れくさかったです。私が議長で本当に良いのかと思いながら、原稿を読むのもドキドキものでした。結構顔が熱くなり血圧が上がっているかのようで、背中に汗をかいていました。

朝7時に、旧温泉小学校に健民祭準備のため集合する。当日の役割は、毎年恒例の放送を担当、放送のメンバーも金子君と小林さんの3人で担当する。このメンバーも最近は不動のメンバーで役割分担の自然の呼吸で出来るために、打ち合わせなしで実践となる。

温泉地域の健民祭の競技は、競争する意識はあまりなく、和気あいあいと競技に参加していることがこの地域の特徴で、参加することが楽しみのようです。