2010年12月アーカイブ

県西地域2市8町の議員で組織している、県西地域政策研究会で、今回31名の議員で神奈川県庁に行って神奈川県防災本部室にて、県の防災について始めに伺ったきました。

CIMG2259.JPG 県庁内にまるで、SFで言うと地球防衛軍の作戦司令室のような感じの部屋に通されて、現在の神奈川県に想定される大規模災害の県の役割と市町村との連携について、講演を受けました。

その後、移動し会場を替えて、古尾谷副知事の神奈川県の多くの取り組みについて話を伺ってきました。

内容は、

・地域主権時代の神奈川県のあり方について

・市町村の広域連携の推進に向けた考え方の概要

 

CIMG2276.JPG  ・県内自動車専用道路網の状況

・さがみ縦貫道路の整備効果

・県の主な道路整備箇所

・かながわの水資源

などを中心に研究会を行い、地域の広域的な連携の強化の必要性や地方自治体の今後の役割、県行政の役割など細かなことに関して、意見交換をしました。

箱根は特に観光の中心となる存在ですから、県西地域にとっても今後大きな役割を期待されていました。

古尾谷副知事との研究会が終了してから、松沢知事と合流して、知事の現在の取り組みを伺いました。特に知事は子供手当の支給に関する事務手続きの費用負担を地方に負わせる国のやり方に怒りをぶちまけていました。箱根も事務処理に関する負担が当然ありますので、知事頑張ってくださいと期待しました。 CIMG2332.JPG

 

 

 

029.JPG 【竹田市役所】

市役所到着後すぐに首藤市長からの歓迎を受け、江戸時代江戸への参勤交代の際に、第四代当主・久恒公が持ち帰ったとされる「箱根のヤマユリ」の花が、竹田市では「箱根ユリ」とされていることを聞き、球根50球を持参し贈呈することとなり、その贈呈式が開催されました。

「箱根八里」を作曲した滝廉太郎は、病気療養として父親の故郷である竹田市で過ごした。残念ながら病は治らずに23歳で他界するが、療養中でも積極的に作曲活動をしていたとされている。当地は滝廉太郎の残した業績に対して、文化・教育はもとより観光にも生かそうとしている様子が伺われました。

030.JPG滝廉太郎の亡くなられたこの地で、60数回にわたる歴史のある全日本高等学校声楽コンクールで、優勝者・準優勝者には、ウィーン短期留学の助成として金60万円40万円それぞれ贈り、青少年の育成を図られています。出場資格は国内の高等学校在学の生徒で、各都道府県教育委員会または同高等学校文化連盟・同高等学校教育研究会音楽部会の推薦を受けた者が出場できるそうです。

 

【竹田市長湯温泉】(竹田市長との懇談会)

長湯温泉は炭酸温泉で近くに市直営の外湯があり、身体に炭酸の気泡が付く温泉として、NHKテレビでも紹介された、河原にあるガニ湯が特徴でした。でも、入浴することは遠慮しました。

夕方からの市長との懇談会では、観光戦略として東京・仙台方面にも観光事務所を持っていて、年間10万円のボランティアが運営していて、経費はあまりかかっていないとのことでした。詳しい経営実態は伺うことができませんでしたが、東京事務所の重要な業務は、国の観光施策などいち早く把握することにあるとしていました。

036.JPGまた、首藤市長の政策として、温泉療養をあげていた。特に温泉療養に関しては保険医療適用を目指しているとのことでした。

もう一つの市長の施策にTTOP(タケタ・トップ・オリジナル・プログラム)としたものがあり、文化・歴史・温泉を媒介として、地域市民の地域学を高める取り組みがある。自らの生まれ育った地域に、愛着と自信を持つ取り組みとのこと。当然教育にも生かされていとのことでした。

 

 

 

 

039.JPG【阿蘇市役所】

 阿蘇市における基本的な防災は、阿蘇山の噴火に対する取り組みが中心となり、地震や天候による災害などはあまり取り組みがないとのことでした。

 防災時の受け入れに関する協定に関しては、現在実施されていない。消防については、阿蘇広域行政事務組合消防本部として広域で組織する。参加自治体は、阿蘇市・南小国町・小国町・産山村・高森町・南阿蘇村の6自治体で組織され、総人口65340人、対象面積は約1002平方キロメートルとなり、職員数は106名となっている。箱根と比べて同職員数であるが、面積は10倍となります。火災に関しては地域消防団の力が重要であることが伺われます。

 阿蘇・高千穂・竹田3県3地域観光協会連絡協定については「阿蘇市観光協会」「高千穂観光協会」「竹田市観光ツーリズム協会」の三団体による協定によって組織されている。目的は、阿蘇・高千穂・竹田の3地域観光協会が、「着地型観光」「案内所と人の繋がり」「情報発信」において、従来の枠を超えた連携を図ることにより、九州内はもとより全国へ33地域の魅力を発信するとともに、従来以上のお客様の多様なニーズに対応し、「ホスピタリティ」の充実を図る事で、3地域のそれぞれの観光の繁栄に寄与することを目的としている。現在、箱根・熱海・湯河原の議員で行っている連携が、阿蘇の協定と似ているような感があり、参考になる協定でした。

 

038.JPG【阿蘇デザインセンター】

 ジオパーク・観光圏についての中心として活動している機関がこの「阿蘇デザインセンター」で、ジオパークの取り組みは、平成208月の第1回ジオパーク推進勉強会で始まり、平成211028日に「日本ジオパークネットワーク」の会員となり、現在は世界ジオパーク会員の登録を目指しています。

 昨年、世界ジオパークの登録に関して、審査から漏れた原因としては、事務局が積極的な取り組みをしていなかったことにあると反省していた。今後、世界への登録を目指して、市民の意識向上や積極的な活動を進めるとのことでした。

 ジオパークに関する効果は、観光としてはかなりあると認識していて、デメリットとすることは少ないとしていた。箱根もぜひ進めた方が良いとの助言をいただく。

 観光圏については、二泊・三泊の観光商品を域内で実施しており、「本物の阿蘇たび」「おとなの長旅・阿蘇」とした観光パンフレットをデザインセンターが独自に製作し、地域の第三種観光業者が主体となり販売を進めている。

 ジオパーク・観光圏いずれにしても、阿蘇デザインセンターが中心となり、組織は事務局長のほかは各自治体からの出向としている。ジオパークや観光圏などの取り組みをするには、行政より離れた組織を参加自治体で組織していく方が良いのかもしれません。

 

午前中の「箱根・熱海・湯河原」観光戦略研究会の後に開催された佐賀牛フェアーです。一市二町の議会が協賛として開催したものです。 DSC02107.JPG

 佐賀県は全国でも有数の農業県で、多くの産物があります。今回は佐賀の牛肉の紹介で、湯本富士屋ホテルにて開催されたこともあり、私が議会を代表して挨拶をしました。

このフェアーを開催するにあたって、最近スパーにて佐賀県産の食材を気にするようになりました。すると結構野菜などは見つけることができました。しかし、牛肉については見かけませんでした。

主催者側も流通の関係で、関東方面にはまだまだネームバリューがないとのことでした。しかし、関西圏では非常に評判がよいということです。

食べてみると驚くほどやわらかく、おいしい肉でした。ほんとうに驚きの瞬間でした。

箱根・熱海・湯河原の各議員が集まって、今後の観光について研究会をしました。研究会には、JA農協観光の関係者を招き、1市2町の観光関係の方も含めてパネリストとして、農協観光の現状や利用するお客様のニーズ、団体旅行の近年の様子などをお話しいただきました。その後、1市二町の観光関係の方々から意見を伺いました。

DSC02098.JPG今後、3地区の議員を中心に、「観光と防災」に関して連携を強化するために、現在私は議長として活動しております。来春には、協議会の設立にこぎつけたいと考えております。

今後の観光の考え方として、長期滞在型の観光スタイルが提起されています。その対応を考えると地域連携の必要性があると思いますし、大規模災害に関しても、観光客を抱えての防災に関して研究が必要です。その為の連携強化を図るのが目的です。