2013年4月アーカイブ

 自宅裏のクマガイ草開が花しました。半日蔭のところがいいようで、イワタバコと同じような場所に咲いています。この場所には、クマガイ草が終了したら夏に、イワタバコが咲いてくれるはずです。
DSC07679.JPGDSC07678.JPG

 箱根ロープウェイ大涌谷駅舎竣工式に出席しました。搭乗者数でギネスにも登録されている、箱根ロープウェイの新しい大涌谷の駅が完成し、見学を兼ねた竣工式に出席させていただきました。駅舎の機能としてバリアフリー化を施して景観にもかなりの気合の入れようです。2Fの食堂からの展望も見ごたえがあり、180度以上のパノラマでした。今回の駅舎完成で、ここ数年の小田急の箱根における事業投資が完成した事とになりました。
DSC07674.JPGDSC07676.JPGDSC07671.JPGDSC07672.JPG





DSC00537.JPGのサムネール画像 毎年恒例の宮ノ下箱根神社の大祭が4月12・13日に挙行されました。天候にも恵まれて両日ともによいお祭りとなりました。12日の夜宮には、衆議院となって公私ともに忙しくなった牧島かれん代議士が激励に来てくれました。お迎えした地域の人々も非常に恐縮しておりました。牧島衆議院議員は昨年も祭りに来てくれまして、2年連続でお越しいただきました。祭り奉賛会の会員の中には、結構ファンがおりまして、来てくれたことを喜んでおりました。私のように遠慮しないで写真を撮れば良いのに、遠慮していたようです。
 翌日の神輿渡御も天候に恵まれ、気持ちの良い神輿渡御ができました。
けれども夕方から夜にかけての宮入りの時はだいぶ冷え込んできまして、寒かったです。
DSC_7668.jpgのサムネール画像


 毎年恒例ですが、箱根町職員の異動と新期採用職員の紹介が、議会全員協議会の中で実施されます。職員紹介が終わった後、いくつかの議題が示されました。その中に東日本大震災の被災地でもある、岩手県洋野町の津波に流されて使用不能になった漁網の処理ができずに、町の復興の足かせとなっていることが紹介され、その漁網100トンの処理を箱根で受け入れたいとの町長からの提案がありました。
 震災のがれき処理に関しては、神奈川県が提案して、横須賀市にお願いした時、強硬な反対によって県が断念したこともありました。以前、箱根の大文字焼きで、強羅観光協会が陸前高田の薪を取寄せ、大文字焼きに混ぜて供養した事には、大いに賛同し強羅の意気込みに感銘を受けました。でも、風評被害というか、その時に批判連絡があったことも覚えております。
 私個人としても、平成23年の5月から半年間程度、福島県の小学2年生の児童を我が家でホームステーとして受け入れていたこともあり、児童を親御さんのところへ帰したあとも、何か少しでも復興の役に立てればと普段から考えています。
 今回の漁網受け入れに関しては、放射能や環境に悪影響がないことが確認できて、芦の湯や畑宿地区の住民理解も得て得いるとのことですので、私は受け入れて行くことに賛成の立場です。今回の全員協議会でも強硬に反対した議員1名以外は概ね皆さん賛成の立場でした。今後この漁網受け入れに関しては、情報はこのブログで提供していきます。