2013年3月アーカイブ

 議会で深い交流のある湯河原町から、年のお誘いで、湯河原オレンジマラソンの開会式に出席しました。湯河原町より招待され、このところ毎年伺っています。今年は雨の心配もありましたが、レース中は雨にあわずに済み、3500人の選手が参加し、今年は招待選手として明治大学箱根駅伝参加の選手が走ってくれました。結果は、やはり現役選手がブッチ切り、10キロ32分ぐらいでトップでした。でも招待選手は記録には残らないとのことでした。

DSC_0016.jpgのサムネール画像DSC_0013.jpgのサムネール画像

 本日、長年町職員として、また議長の運転手を兼ねた議会事務局職員の後藤さんが定年退職となりました。議会事務局職員は議長の任命でもあるので、退職の時も私が辞令を出さなくてはなりません。私も初めての経験で、自分が以前施設の職員をしていた時、退職した際に、退職辞令など貰わなかったと思います。公務員はやはり違うものであると思い、またこうした時にはきちんとけじめをつけることなのだと、深く感心させられました。その点では、大企業は別として、民間とは結構違うのかもしれません。いずれにしても、後藤さん長年ありがとうございました。
 まあ、お別れといってもほんの少しの数日間で、再任用で4月からの議長車の運転をしてくれることとなっていますので、今後も安全運転でお願いします。
DSC02718.JPG

 箱根町議会会派「至誠会」では、南足柄市選出の県議会議員川上賢治議員と南足柄市と箱根町を結ぶ「県道731号(矢倉沢仙石原・南足柄市と箱根町を連絡するどうろ)」を中心とし、その他神奈川県の25年度予算について勉強会を開催ました。
 県道731号と名前が付いて、設計委託と環境アセスの予算が付いたことは、大変大きな前進とのことです。私たち会派としてはこの道路建設にあたり、少しでも早くの実現を目指してこれからも活動していきます。
 25年度の神奈川県の予算は
総会計   2兆9,650億余万円
一般会計  1兆7,631億余万円

DSC00502.JPGのサムネール画像

 芦ノ湖に新しい海賊船が就航しました。春休みから一般のお客さんをのせて、運行する海賊船です。
赤い船体で名前は「ロワイヤルⅡ」となっています。
 内覧会で船内をくまなく探索してきました。子供がいれば一度は乗ってみたい船だと感じました。特に3D写真が撮れる壁の絵は面白い工夫です。写真を撮ってきましたので見てください。足元の樽は本当は絵で、樽はありません。良くできたもので感心いたしました。
DSC00462.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像DSC00464.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
DSC00466.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像DSC00492.JPGDSC00481.JPGのサムネール画像のサムネール画像DSC00487.JPGのサムネール画像



IMG_4681.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 2020年に東京都が承知を目指している「2020オリンピック競技大会及びパラリンピック競技大会」を応援することを目的に、至誠会から声を上げ、国等の関係機関に要望書を提出する議案を出しました。
 オリンピックを開催することよりも、その予算があれば他の事に使えとの声もありますが、私は、2020年という今年から7年間という期間は、東日本大震災からおおよそ10年となります。このオリンピックの開催を震災からの復興終了の目標年度として、日本が一丸となって取り組んでいくための一つの旗頭になると考えています。締め切りの無い仕事をするのは、どうしても先送りにしがちですから、オリンピックの様な国家的行事があると本当に目標となると思います。まして、誘致決定の瞬間から海外の眼が日本に向き、オリンピック開催の2020年まで、復興の様子が海外に紹介されます。このことは世間の評価を気にする日本にとって良い刺激となり、さぼっていられない状態を作ることと思います。更に、箱根にとっても国際観光地として諸外国に今一度箱根を紹介するチャンスの到来です。オリンピックに来て、近くを観光しない人はいませんから。

意見書は下記に記載しました。





2020オリンピック競技大会及びパラリンピック競技大会

東京招致に関する意見書

 

オリンピック競技大会及びパラリンピック競技大会は、ほぼ全世界の国と地域から選手団が参加する最大規模の競技大会である。我が国ではこれまで1964年の夏季東京大会をはじめ、札幌、長野の冬季大会を合わせ、3回のオリンピック競技大会及びパラリンピック競技大会を開催し、いずれも世界中の人々に多くの感動と喜びを与え、我が国の存在感を示してきた。なにより、オリンピックでの日本人選手の活躍は、国民に夢と希望を与え続けてきた。

一昨年に発生した東日本大震災は、我が国は甚大な被害を受け、全ての国民の心に深い傷を残した。世界から様々な支援を受け、復旧、復興へ向け全力で取り組んでいた昨年に開催されたロンドンオリンピックにおいて、限界に挑み、そして、悩み迷い、それでもひたすら純粋に前に向かって進み続ける日本人選手たちの姿は、東日本大震災の復興へ向けて歩む人々にとって、とても大きな力となったはずである。

そして今、再び東京都は、2020年夏季オリンピック競技大会及びパラリンピック競技大会を開催することを目指している。我が国を舞台に、世界のトップアスリートが技と力を競い合う姿は、未来を担う子どもたちに新たな感動を与え、青少年の健やかな成長を促すことと考えられる。
 さらに、この大会には、世界各国から選手、関係者をはじめ多数の外国人が来訪するため、国際交流の促進や経済効果が期待されるとともに、震災からの復興をなし遂げた日本の姿を全世界の人々に示し、世界中から寄せられた支援に対する感謝の気持ちをあらわす好機となる。また、当町としても、国際観光地として、多くの外国人観光客へおもてなしの心を伝える意義の深い機会となる。
 よって、箱根町議会は、2020年に開催される第32回オリンピック競技大会及び第16回パラリンピック競技大会の東京招致をここに強く求めるものである。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 

平成25年3月 日

 

箱根町議会議長  折 橋 尚 道

提出先

内閣総理大臣 

文部科学大臣 

厚生労働大臣 

衆議院議長  

参議院議長  

観光庁長官  

 

IMG_4681.JPGのサムネール画像
 ようやく私が力を注いできた箱根町議会基本条例が本日の議会で成立しました。思えば6年前より審議してきた条例で、なかなか議員同士の意見が調整できずにいました。私が議長としている間に成立を願い努めてきた条例です。この条例成立によって箱根町の議会がもっと活性化し開かれた議論する議会として成長できます。




議会条例条文は下記に記載しました。


箱根町議会基本条例

 

目次

前文

第1章 総則

第2章 議会及び議員の活動原則

第3章 町民と議会の関係

第4章 議会と行政の関係

第5章 自由討議の拡大

第6章 委員会の活動

第7章 政務活動費

第8章 議会及び議会事務局の体制整備

第9章 議員の政治倫理、身分及び待遇

10章 最高規範性と見直し手続

附則

地方議会は、地方分権の時代にあって、二元代表制のもと、地方公共団体の事務執行の監視機能及び立法機能を十分発揮し、真の地方自治の実現を目指すものである。

箱根町議会(以下「議会」という。)は、箱根町民によって選ばれた議員(以下「議員」という。)で構成し、箱根町の最高規範である箱根町自治基本条例(平成20箱根町条例第14号)における議会の責務に基づく町の意思決定機関であり、町民の福祉向上のために活動するものである。

議会は、自らの創意と工夫によって町民との協調のもと、国際観光地箱根の特性を活かし、おもてなしの心あふれるまちづくりに寄与するとともに、議会の公正性・透明性を確保することにより、町民に開かれた議会、町民参加を推進する議会、町民に信頼される議会を目指すため、ここに本条例を制定する。

第1章 総則

(目的)

第1条 この条例は、議会運営及び議員の活動に関する基本事項を定めることより、議会の活性化を図り、町民の負託に的確に応えられる議会を実現することを目的とする。

第2章 議会及び議員の活動原則

(議会の活動原則)

第2条 議会は、次に掲げる原則に基づき活動を行わなければならない。

(1) 公正性及び透明性を確保し、町民に開かれた議会を目指すこと。

(2) 町民の多様な意見を的確に把握し、町政に反映させるための運営に努めること。

(3) 政策形成機能を発揮するとともに、国・県への要望活動を積極的に行うこと。

(4) 議会内での申し合わせ事項は、不断に見直しを行うこと。

(5) 町民の傍聴の意欲を高める議会運営を行うこと。

(議員の活動原則)

第3条 議員は、次に掲げる原則に基づき活動を行わなければならない。

(1) 議会が言論の府であること及び合議制機関であることを十分認識し、議員間の自由な討議を積極的に活用した運営に努めること。 

(2) 町政の課題全般について、町民の意見を的確に把握するとともに、自己の能力を高める不断の研さんによって、町民の代表としてふさわしい活動をすること。

(3) 議会の構成員として、一部団体及び地域の代表にとらわれず、町民全体の福祉の向上を目指して活動すること。

(会派)

第4条 議員は、議会活動を行うため、同一理念を共有する政策集団(以下「会派」という。)を結成することができる。

2 会派は、2人以上の議員により構成しなければならない。 

3 会派は、政策立案、政策決定、政策提言等に関し、必要に応じ会派間で調整を行い、合意形成に努めるものとする。

第3章 町民と議会の関係

(町民参加及び町民との連携)

第5条 議会は、町民に対して議会の活動を積極的に公開するとともに、説明責任を十分に果たさなければならない。

2 議会は、本会議のほか、すべての会議を原則公開とする。

3 議会は、会議の運営にあたり、参考人制度及び公聴会制度を十分に活用して、専門的又は政策的識見等を議会の討議に反映させるよう努めるものとする。

4 議会は、町民の多様な意見を議会運営に的確に反映させるため、必要に応じて、町民との意見交換の場を設けることができる。

5 議会は、議案に対する各議員の対応を議会広報で公表する等、情報の提供に努めるものとする。

第4章 議会と行政の関係

(議員と町長等執行機関の関係)

第6条 議会審議における議員と町長その他の執行機関及びそれらの職員(以下「町長等」という。)との関係は、次に掲げるところにより、緊張関係の保持に努めなければならない。

2 本会議における議員と町長等の質疑応答は、広く町政上の論点及び争点を明確にするため、一問一答の方式で行うことができる。

3 議長から本会議及び委員会への出席を要請された町長等は議長又は委員長の許可を得て、議員の質問に対して趣旨を確認するための発言をすることができる。

(議会審議における論点情報の形成)

第7条 議会は、町長が提案する重要な政策について、議会審議における論点情報を形成し、その政策水準を高めることに資するため、町長に対し、次に掲げる事項について明らかにするよう求めるものとする。

 (1) 政策を必要とする原因又は背景 

 (2) 提案に至るまでの経緯

 (3) 関係ある法令及び条例等

 (4) 総合計画(箱根町自治基本条例第16条に規定する総合計画をいう。第91号において同じ)との整合性

 (5) 政策等の実施に係る財源措置

 (6) 将来にわたる費用負担及びその効果

 (7) その他重要な事項

(予算及び決算における政策説明)

第8条 議会は、予算及び決算の審議に当たっては、前条の規定に準じて、分かりやすい事業別の政策説明資料を町長に求めるものとする。

(議決事件)

第9条 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第96条第2項の規定に基づく議決の事件は、次のとおりとする。

 (1) 総合計画 

 (2) 都市計画法第18条の2に規定する箱根都市計画マスタープラン

 (3) 箱根町観光振興条例(平成23322日条例第1号)第14条に規定する観光振興計画

 (4) 景観法第8条第1項に規定する景観計画

第5章 自由討議の拡大

(議会の合意形成)

10条 議会は、議員による討論の場であることを十分に認識し、議長は、町長等に対する会議等への出席要請を必要最小限にとどめ、議員相互間の自由討議を中心に運営しなければならない。

2 議会は、本会議、常任委員会及び特別委員会等において、議員提出議案及び町長提出議案並びに町民提案に関して審議し結論を出す場合、議員相互間の議論を尽くして合意形成に努めるものとする。

3 議員は、前2項による議員相互間の自由討議を拡大するため、政策、条例、意見等の議案の提出を積極的に行うよう努めるものとする。

第6章 委員会の活動

(委員会の活動)

11 条 委員会は、議案等の審査及び所管に属する事務の調査の充実を図り、その機能を十分に発揮しなければならない。

2 委員会は、町政の課題に適切かつ迅速に対応するため、調査を行うとともに、政策立案及び政策提言を行うものとする。

第7章 政務活動費 

(政務活動費の執行及び公開)

12条 議員は、政策立案又は提案を行うため、並びに調査研究その他の活動に資するために交付される政務調査費の執行に当たっては、箱根町議会政務活動費の交付に関する条例(平成15箱根町条例第21号)を遵守しなければならない。

2 議員は、政務活動費の使途基準に従い、これを適正に執行し、常に町民に対して使途の説明責任を負うものとする。

3 政務活動費を受けた会派又は議員は、公正性、透明性の観点に立ち、政務活動費による活動を町民に報告するものとする。ただし、箱根町情報公開条例(平成15年箱根町条例第14号)第5条第1号に規定する個人情報は除く。

第8章 議会及び議会事務局の体制整備

(議員研修の充実強化)

13条 議会は、議員の政策形成及び立案能力の向上等を図るため、議員研修の充実強化を図り、この条例の理念を議員に浸透させるよう努めるものとする。

(議会事務局の体制整備)

14条 議会は、議員の政策形成及び立案能力の向上を図るため、議会事務局の調査・法務機能の充実強化を図るよう努めるものとする。

(議会図書室の充実)

15条 議会は、議員の調査研究に資するため、議会図書室の図書、資料等を充実させ、有効に活用するよう努めるものとする。

(議会広報の充実)

第 16 条 議会は、町政に係る重要な情報を、議会独自の視点から常に町民に対して周知するよう努めるものとする。

2 議会は、情報技術の発達を踏まえた多様な広報手段を活用することにより、多くの町民が議会と町政に関心を持つよう議会広報活動に努めるものとする。

第9章 議員の政治倫理、身分及び待遇

(議員の政治倫理)

第17 条 議員は、町民全体の代表者としてその倫理性を常に自覚し、自己の地位に基づく影響力を不正に行使することによって、町民の疑惑を招くことのないよう行動しなければならない。

(議員定数)

18条 議員定数は、別に条例で定める。

2 議員定数の改正に当たっては、行財政改革の視点だけではなく、町政の現状と課題、将来の予測と展望、人口、面積、財政力及び町の事業課題並びに類似町の議員定数を考慮するものとする。

3 議員定数の条例改正議案は、町民の直接請求による場合及び町長が提出する場合を除き、明確な改正理由の説明を付して、議員が提出するものとする。

(議員報酬)

19条 議員報酬は、別に条例で定める。

2 議員報酬の改正に当たっては、行財政改革の視点だけではなく、町政の現状と課題、将来の予測と展望を十分に考慮するものとする。

3 議員報酬の条例改正議案の提出に当たっては、前条3項の規定を準用する。

10章 最高規範性と見直し手続

(最高規範性)

20条 この条例は、議会における最高規範であって、議会は、この条例の趣旨に反する議会の条例、規則等を制定してはならない。

2 議会は、議員にこの条例の理念を浸透させるため、一般選挙を経た任期開始後速やかに、この条例の研修を行わなければならない。

(議会及び議員の責務)

21条 議会及び議員は、この条例に定める理念及び原則並びにこれらに基づいて制定される条例、規則、規程を遵守して議会を運営し、もって町民を代表する合議制の機関として、町民に対する責任を果たさなければならない。

(見直し手続)

22条 議会は、この条例の施行後、常に町民の意見、社会情勢の変化等を勘案し、必要があると認めるときはこの条例の規定について検討をし、その結果に基づき、改正を含めて適切な措置を講じるものとする。

2 議会は、この条例を改正する場合には、全議員の賛同する改正案であっても、本会議において、改正の理由及び背景を詳しく説明しなければならない。

附則

 この条例は、平成2541日から施行する。

IMG_4681.JPG
 議員定数削減条例改正に伴い、現行の15名定員から1名削減の14名になり、9月17日告示の町議会議員選挙から応されることとなりました。
 昨年の秋より次期選挙の定数については、議員各位のもと慎重に審議し決定することを議長の私から議会改革調査特別委員会に諮問し審議するように指示を出しておりました。
 特別委員会で数回に渡り審議した結果、現状の町の財政規模や職員数町の面積が広範囲になることや、昭和30年に町村合併した後の地域性などを考慮し、削減数を1名とすることになりました。
箱根宮城野観光協会と私を含めて4人の議員仲間で、宮城野河川の桜並木の手入れと植樹をしました。今年で4年目となりますが、数十年後の綺麗な桜を期待するとともに、今までさくらを育てた先人の苦労と、この桜並木としての財産を感じます。4月には毎年見事な桜を見せてくれる、箱根の名所です。

DSC00453 (1).JPG

DSC00455.JPG

 3月議会3日目、平成25年度の一般会計の予算審議が本格化しました。次年度も相変わらずの財政難で、マイナスの緊縮財政といってもいいでしょう。予算上もこれといって大きな目玉はなく、今までの予算を何とかやりくりしていることが伺われます。
 しかし、昼休みのテレビで今日は株価が1万2千円を突破しました。各企業の含み損がある程度解消され、設備投資や従業員の給料に反映されて、景気の向上が本格的なものになってくれることを期待しています。
IMG_2807.JPG
IMG_2823.JPG

 箱根ホテル小涌園ユネッサンに、新しく温泉の神様として箱根神社の分社「箱根温泉神社」が建立され、その落慶法要と隣接の縁結び風呂の完成式典がユネッサン内で、執り行われました。東日本大地震の応援として、岩手県野田村より採掘された、「マリンローズ」の原石を使用したお風呂です。小涌園さんのお話の中で、東北と相互に観光客が交流できるような、連携を提案していくとのことでした。いずれにしても、ユネッサンに新しい名所ができた訳です。日頃より小涌園さんの企画の努力には敬服するしだいです。

DSC00438.JPG
根神社の宮司さんによる法要

DSC00443.JPG
縁結び風呂のマリンローズの原石

DSC00446.JPG
一番風呂に入浴でした
 親しくお付き合いのある佐藤ゆかり参議院議員の励ます会に招待を受けました。東京のANAインターコンチネンタルホテル東京で開催されました。
 自民党の多くの代議士が出席され、盛大なものでした。今の自民党の勢いを感じます。

DSC00423.JPGのサムネール画像DSC00406.JPGのサムネール画像

DSC00419.JPGのサムネール画像DSC00434.JPG

 たくさんの自民党代議士が来られて、色々な話を聞くことができました。また、懇親会の席上で、箱根と姉妹都市である洞爺湖町が選挙区の堀井学衆議院議員が同席していたので、スケート選手時代の話や北海道の様子などの話をさせていただきました。今度、北海道洞爺湖町でお会いしたいものです。